カテゴリ: WIN5

vm16
13,14年的中と相性が良い印象があるヴィクトリアマイルですが、過去9年で指数1位馬が4勝2着2回、順位1位馬は3勝2着3回と印象通りまずまずの好相性。

指数1位馬、順位1位馬とも3着はない過去の傾向となっており、2007年以外は毎年指数1,2位馬が連対しているので、指数上位馬から過去の傾向に従って買うなら3着になることを考慮する必要はなさそうです。

また今年も勝負レースではなく指数的には混戦、指数上位馬にほとんど指数差はなさそうですが、的中した13,14年も同じような指数だったのでそれほど気にしなくてよさそうです。

20160508
さて先週のNHKマイルC
GⅡの指数なら買える4頭を3着に加えて買いましたが、恐らく予想の買い目には2,3着5頭のメソッド2しか書いてないですね。申し訳ないです。

5
続いて先週のWIN5
新潟が終わり東京10Rのアポロケンタッキーを買っておけばよかったと思っていたんですが、買っていたらWIN4×2という悔しい馬券になっていました。
アポロケンタッキーを加え分割せず2頭×3頭×8頭×9頭×1頭のストレートで買えば結果的には的中していたわけですが、432点も買うつもりはないのでまあそれはいいでしょう。

haruten16
過去9年で指数1位馬が1勝2着1回、順位1位馬は2勝2着1回となっています。
注目は3連勝中でもある3勝2着3回3着1回の指数2位馬でしょうか。

毎年同じようなことを書いていますが、過去5走及び過去の全成績から指数を算出する私の理論からすると、長距離レースは特殊な条件になります。

ほとんどの馬が3200mや3000m超という条件への出走歴が多くないためで、指数の精度、再現性という意味では過去5走とも大体同じくらいの距離に出走しているマイル戦や中距離戦等よりも相性が良くない過去の傾向も頷けるところです。

改善策・対応策として、長距離だけで指数を算出するという方法もあるにはありますが、長距離だけとなると1年前あるいは2,3年前などの成績が入り情報が古くなるという問題と、長距離というのを何mからにするかという問題があります。

2400mか2500mか3000mかIFHAのレーティング距離区分で言えば2701m以上となり、何mからを長距離とするかで指数や印、買い方も変わってくるでしょう。

そういう事情もあるため、現状特殊条件だからと言って特殊条件に合わせるようなことはせず、長距離以外の条件と同じように指数を算出します。

つまり3200mという距離のせいで指数通りのパフォーマンスが発揮できないということは想定せずに予想しますが、距離のせいでパフォーマンスが発揮できない馬が多くいることは過去の傾向からも分かることなので、今年も全体の指数はかなり低く勝負レースではないですし、相性の良い指数2位馬からパフォーマンスを上げそうな馬の逆転を考えてみてもいいのかもしれません。


5
先週のWIN5

フィエロでも100~200万は付いたでしょうか。
残念でした。

cd
いずれの画像も上が13年、下が14年の5回東京・京都開催の回収率となりますが、京都が足を引っ張ってこの回収率なので、東京だけに限れば控えめに言っても毎年安定して200%、平均だと400%といったところでしょう。

今年がどうなるかはやってみなければ分かりませんが、オーラス中山・阪神開催のほうが良いということはまずないと思うので、強気で押していきたいと思います。
ただ今年は中京の相性が良いので、オーラスの中京には期待しています。オーラス開催は中京>>阪神>中山という感じのイメージで買いたいと思います。


1
先週のWIN5は史上2番目に安い配当で、全て1番人気が勝ったのは史上初だそうです。
一度は画像のように的中していた組み合わせの買い目にもしていたのですが、確率の悪さ配当の低さから敢えて分断するように買って外しましたが、今後も同様にあまりにも安い組み合わせは敢えて外して行くほうがWIN5は効率が良いと思われます。



今週日曜の新馬戦は5億円対決とかで賑わせていますが、JRA-VAN POGで10頭指名する最後の1頭をどちらにするかで迷った2頭なので個人的にも注目しています。

syuuka15
過去8年指数1位馬は4勝3着3回と2着は1回もなく、順位1位馬は3勝2着1回3着2回となっており、いずれも馬券対象にならなかったのは2008年だけとなっています。
また、08,14年以外は指数3位且つ順位3位馬までが勝っていて、近年の勝ち馬は順当な結果が多いと言えそうです。

昨年は紫苑S組が初優勝したわけですが、新潟コースだった影響か紫苑Sとしては過去にない程ハイレベルなメンバーが集まっていただけに昨年の結果は例外という見方をすることも出来るかと思います。


勝負レースではないので指数と関係ない極めて凡庸な主観的なことを言うと、ローズSが後方一気のワン・ツー・スリーという競馬だったので、常識的に考えれば平坦小回りに変わる本番では再現性に乏しい印象はあります。

しかしその昔◎ブゼンキャンドルでクロックワークが抜けた追い込みのワン・ツーという苦い経験を個人的にはしているので、近年あまり見掛けないとは言え混戦のメンバーでこの時期の牝馬だけにスタートしてみないと分からないことも多く追い込み決着もあるのかとも思いますが、ブゼンキャンドルのときは違い、追い込み勢が人気しそうなので基本的には前の馬に期待したいところです。

いずれにせよ勝負レースではないので指数を元にオッズや主観的な狙い方を織り交ぜてみるのもアリでしょう。



5a
5b
さて先週のWIN5は2日ともリーチが掛かり最後で外れるというなんとも残念な結果でした。

最近のWIN5はかなりまともというか狙い易い印象はあり、WIN5の調子は良いと言っていいと思うのだが、WIN5の場合、全部当てなければ結局WIN0でもWIN4でも同じなわけで、馬券の調子の良し悪しとはまた違うような感じもあり、調子が良いから当たりそうというよりも2日ともリーチまで行っといて逸したという印象のほうが強いのである。

今週こそと言いたいところではあるが、張り切ると金額だけが嵩んでロクなことにならないのがWIN5という印象もある。

ただ秋華賞も過去の指数の傾向から言えば2,3着を当てるより、2,3頭買っておくWIN5向きという印象もあるので、1頭の取捨で明暗を分け、賭け金も大きく変わるWIN5でも指数をお役立て頂ければと思う。

まあ今週からは馬券のほうがいよいよ本番だと思っているので、WIN5にあまり入れ込み過ぎずに勝負レースの馬券で良い結果を期待したい。

20151004_win5b
その前に先週のWIN5当たりました。
かなりお手頃な自分史上でも最安の的中でしたが、先週書いた最終週で嵌ってくる期待、まあ外れてはいなかったですね。

それにしてもWIN5リーチのドキドキ感、的中の歓喜は他では味わえないなと改めて感じます。

今回そのドキドキと歓喜の割には配当を見てガッカリしましたが、このドキドキと歓喜は金額の問題ではないかとも思うので、是非多くの方に味わってほしいと思います。

tokyo15
さて東京の回収率ですが、上から13,14,15年となります。
東京で負けたというのはここ5年では記憶にありませんが、仮に今年負けたとしても3年平均で200%超はあるわけなので、相性が良いコースという認識は変わりません。

まあ今年もなんだかんだで100%にはなるのではないかとは思っていますが、今週は先週も書いた通り指数との相性が良いとは思えない開幕週で、尚且つイレギュラーな3日間開催なので、本番は来週から、勝負はラス前5回東京開催かと思ってます。

150711
150711b

先週土曜8Rの的中で中京の回収率が現時点で365%になりました。
今開催が残り2週、あとは暮れに3週しかないことを考えると、最低でも300%くらいの年間回収率になると思われるので、それを他場が超えるのは簡単ではないでしょう。

昨年、一昨年の東京・新潟の回収率に比べて似た条件の中京が振るわないのはやや不可解だったので、これで晴れて左回りキラーと言えるようになったかも知れません。


先週のWIN5は○○△○◎という印順の決着でした。
2万も買って何故か私は当たっていませんが。

WIN5が難しいのは対象5レース全てが勝負レースということはまずないわけなので、5レースも非勝負レースがあれば1つくらいは指数上位馬が負ける前提で買うのが確率的にも配当的にも効率が良い訳ですが、指数上位馬が負ける前提の馬券を何万円も買うということに個人的には抵抗があります。それでも買うんですが。

まともに当てに行く場合極論的に言えば◎が5勝100円で当てる馬券とも言えるはずですが、対象5レース全てが勝負レースということはまずないですし、実際に100円で当てるのは極めて難しいので、毎週毎週難しい選択をせざるを得ないわけです。

チューリップ賞・弥生賞とクラシックの最重要ステップレースですが、今年のチューリップ賞は例年とは異なり有力関東馬への挑戦権を掛けた争いというようなレースとなりそうです。

弥生賞は例年通りここを勝った馬が本番でも主役の1頭となりそうな感じですが、スプリングSのほうがメンバー的には濃くなるのかも知れません。

話はちょっと変わりますが、今年のクラシックは2歳重賞が色々と整備され私にとっては追い風になるのではないかと思っていますが、チューリップ賞のGⅡ昇格もしくはフィリーズレビューのGⅢ降格がされるとより良いと思います。

それにしても近年の傾向通りとは言え、今年のクラシックは例年にも増して牡馬も牝馬もノーザンファーム産もしくは白老ファーム産のサンデーR・キャロットファームの馬が目立つ印象です。

白老ファームも少数精鋭というか、近年大物感ではノーザンファームをも凌ぐ印象すらありますし、ノーザンファームを中心として今後もこのトレンドは変わらないのでしょう。


win5a
さて先週のWIN5のハズレ馬券です。
WIN②④でデムーロ兄弟にハナ差やられました。

狙い方としては大体先週書いた通りですが、指数的にWIN①と②の買い方が逆になった感じですかね。

今週はWIN5対象レースに勝負レースはなさそうです。

WIN5も3連単と同じようにWIN5対象レースの勝負レースの◎を軸に買っていくのが良いかと最近思っているので、WIN5対象レースに勝負レースがない場合にはWIN5は買わないほうが良いのかとも考えていますが、過去に勝負レースがないときのWIN5の的中もありますし、まだしばらくは勝負レースのあるなしに関わらず毎週買うのかとは思います。

win
ちなみにWIN5の最大構成とでもいうか、ここから絞らない場合もありますが、基本的には絞って上のやつになるわけですが、WIN②で13番は買っているものの結局当たってないですし、WIN5の場合この程度の購入金額の差では金額を増やすことで獲れることはあまりなく、同じ結果になることが多いので、基本的には狙い方や理論の精度のほうが重要だと思います。

尤ももっと圧倒的な金額で10万20万とでも毎週買えるなら先週のWIN5は的中していたと思いますし、そういう方法もなくはないと思いますが、私の理論的にも絞れるところは絞っていきたいというのがあるので資金力の問題だけではないということもあります。

150222win
先週のWIN5のハズレ馬券になります。
WIN5対象レースの内3レースが勝負レースだったので、WIN①②⑤は必然的に◎1頭に絞ることになり普段より購入点数は非常に少なく済みました。

印的には◎◎○◎◎という順での決着で、結果論的にはWIN①②⑤を◎1頭、WIN③④を◎○▲の3頭×3頭とでもしていれば9点で的中していましたし、③から○6番▲16番を外さずに買っていれば40点で的中していました。

わざと外したような結果となってしまいましたが、今年の最低配当ですしWIN5で10万以下という配当は昨年・一昨年とも3回という出現率の低さで、5レース全てが3番人気以内、単勝10倍未満での決着という確率と配当の低さを考えれば、1,2頭買い目を加えると一気に購入点数が増えるWIN5の意識としては敢えて安い目を拒否していくことがトータルの回収率で考えてもプラスだと思うので、今回は結果的には失敗でしたが、狙い方としてはこのままで良いのかと思います。

今回の場合WIN①②⑤は勝負レースだったので考える余地はほぼなく、残るWIN③④をどうするかということだったわけですが、先に書いた通り5R全てが人気サイドというのは確率的にも配当的にも狙う価値がないので、③か④のいずれか或いは両方で人気上位馬以外に勝ってほしいと考えたときに、③の人気馬のほうが指数的に低かったので最終的にこの買い目にしました。


最近WIN5で意識しているのは麻雀じゃないですが、最終形を考えてリーチが掛かったときに最後を良形で待ちたいということと、WIN①はある意味外れてもいいという前提で絞っていきたいという2点です。
当然各レースの指数次第となってくるわけですが、特に②③④で工夫することを意識したいと思っています。

今週もWIN④⑤両重賞は勝負レースとなりそうなので、ここは絞って、①②③特に②③を配当との兼ね合いを考えながら買いたいと思います。

知れ渡りつつある傾向の一つとして対象3レース目が荒れやすいということがあるかと思います。何番人気(単勝何倍)以上を荒れるとするかでも数字は変わってくるかと思いますが、対象3レース目は他と比べて上位人気が勝つ確率が低い傾向にあります。

3場開催の場合の対象3レース目はローカルのメインレースとなることが多いため荒れやすいというのはイメージとして分かりますが、2場開催の場合でも同様の傾向にあるようで、また例えば昨年最後のWIN5のように対象1レース目が阪神10Rからはじまり阪神12RファイナルSが対象5レース目という変則的な場合にも、対象3レース目の阪神11R阪神Cで人気馬が負けています。

そして先週のWIN5はこのパターンの典型例のように対象3レース目で最低人気馬が勝ち、残り4レースは1番人気が勝ちました。
しかし単勝100倍を超える最低人気馬が勝ち245万という配当は少し低いようにも感じ、この傾向が浸透しつつあるのかも知れないとも思いましたが、だとすれば配当妙味ということで言えば対象3レース目で敢えて人気馬を買うほうが良いと言えるかも知れません。

また先週はキャリーオーバーということでいつもの倍近い売り上げがありましたが、6/7以降キャリーオーバーが出辛くなるとすれば、払戻限度額が6億になることの効果とで、どの程度の売り上げになるのか興味深いところです。

今年の6月7日以降引き上げになるようです。
先週の1票的中によるキャリーオーバー額を見ても、現状の売上金額では実際6億円の払戻金額になるのは難しいようですが、2億円以上の払戻金が出てくることはありそうです。

一方キャリーオーバーは出辛くなるのかも知れず、そうであれば少々残念ですが、引き上げについてはそこまでの高額配当を買い目に含まない私のWIN5の買い方ではあまり関係のない話ではあります。


それよりも気になるのは馬券種にるよる払戻率の変更で、WIN5が70%へ、そして3連単も72.5%へ現状からダウンされる点は非常に気になります。

基本的には高配当が望める馬券の払戻率が下がるのも、3連単の場合はシェア率も高いため仕方がないとも思いますが、他と比べて払戻率が低いと思うと購買意欲を削がれる思いはあります。

とは言え払戻率ダウンにより3連単やWIN5で勝てなくなるということではなく、アップする枠連・馬連・ワイドなら勝てるということでもなく、従来より施行されていた最終馬連等のキャンペーンレースでも3連単を買っていたので結局あまり関係がないようにも思いますが、3連単がない時代から馬連・ワイドその後3連複と、現在とほぼ同じスタイルで金額に強弱を付けて買っていたので、原点回帰し払戻率の高い馬券を買うという選択も悪くはないかも知れません。


さて、今週はチューリップ賞、弥生賞ということでいよいよクラシック本番という感じですが、土曜中山ではオーシャンSもありこちらは勝負レースともなりそうです。
チューリップ賞、弥生賞は同馬主・騎手の出走馬が注目となりそうですが、人気サイドが強いことで有名な重賞だった弥生賞が近年波乱傾向にある点は気になるところです。

このページのトップヘ