カテゴリ: レース回顧

先週の土曜阪神10R
全体の指数が低く予想提供しなかったこのレース
結果的にマツパク厩舎通算800勝目にして最後の勝馬が出資馬だったのでご祝儀馬券を買っていました。

実際予想した手書きの指数は以下のとおり
a
全体の指数が低く各馬の指数も僅差で、購入点数も多くなるため、私の理論的には見送り推奨。

しかしもし買うなら通常は1着◎○2頭、2,3着印10頭のメソッド6ということになるが、印以外の馬から買うご祝儀馬券ということで、自然な形は2,3着印10頭のメソッド2ということになる。


ただここでご祝儀馬券で全体の指数が低いとは言え指数11位タイ無印の馬から90点買うこと、各馬ほとんど指数差がないとは言え指数1位馬を無視するのもどうかという、ある種の職業病が出て指数1位◎5番○15番2頭の2,3着付けメソッド4にし以下の形で買いました。
20160227e
ここがターニングポイントでした。
90点から34点に削った分、頭で買っている⑪番と同じ指数11位タイの③⑥番2頭を相手に加え8点追加しておこうと機転を利かすことが出来ていれば取れていた125万でした。

しかしそもそも見送りを推奨するレースで無印の馬から買うというマイナスにマイナスが重なった状況でそこだけ都合よくプラスに機転を利かせていればというのも結果論的というか難しい話かとも思います。


また買っていない4頭は内から0-13,1-6,1-15,0-14という指数で③番以外の3頭は順位下位3頭、③番は順位だけ見れば6位と指数1位タイ○⑮番より頭で買っている⑪番より上位という点も悔やまれるところです。

ついでに言うと③番は順位6位ということで順位1~5位馬のいずれかが出走していなければ指数2-5となり△普通に買い目に加えていたわけで、1800mや2000mを中心に使われていた結果最下位だった順位5位の⑨番や順位3位の関東馬①番はこのレース以外に適鞍があったんじゃないのかと、ここじゃなくてもよかったんじゃないのかと恨み節をボヤきたくなりました。



的中していたらこっそり懐に入れてこんな形で色々と公開することはなかったでしょう。
私はそれで全然よかったんですが。

そんな公開出来ないインチキ的中はダメだと、正規の的中、勝負レースで当てて公開しなさいという競馬の神様からのお叱りと思って、地味に当てつつ、しっかり準備をしてその時を待ちたいと思います。
20160227a
20160227b
20160227c
20160227d

阪神JFの予想はしません(出来ません)ので悪しからず。
WIN5は適当に人気サイドのディープインパクト産駒を中心に何頭か買いたいと思います。

阪神JFということでJRA-VAN POG'15私の牝馬の指名馬を公開したいと思います。

個人的には基本無料で遊ぶためにあるPOGの魅力は指名馬の価格だとかを気にせず指名出来るトータルポイント賞のルールにあると思うので、トータルポイント賞狙いということでやってますが、このルールいわゆる内々でやるようなドラフトの被りや、ポイントの割りを食うことを考える必要はなく、他者との競合を考える必要はないので、単純に活躍すると思う馬を指名すればいいわけです。

となると単純に確率に寄せていくのが効率的と考えます。

私の指名馬は以下5頭になります。

エールデュレーヴ
シンハライト
ティルヴィング
パーシーズベスト
レッドアヴァンセ

5頭ともに共通するのが
ディープインパクト産駒・ノーザンファーム産馬(育成馬)・関西馬
の3点となります。

牡馬もほぼ同じ縛りでやってますが、トータルポイント賞で上位に入るには基本的にGⅠを勝つ馬、特にダービー馬を指名する必要があるので、牝馬の場合は特にPOG期間内にある牝馬限定GⅠ阪神JF・桜花賞・オークスの恐らく全てで種牡馬別レース・コース相性トップのディープインパクト産駒を中心に指名することになると思います。

あとは個体レベルでディープインパクトに勝てる馬がキングカメハメハを筆頭にハーツクライやステイゴールド等に居るかどうかという考え方ですが、5頭10頭の中にピンポイントで個体レベルの高い馬を指名することは難しいと思うので、ただ単純に確率の高いと思われる縛りを3点設けて指名しています。

個人的に活躍馬の傾向として言っているジェンティルドンナ・ディープブリランテ・ハープスターのパターンである「2頭目のディープインパクト産駒」とキズナやヴィルシーナのパターンである「ディープインパクト替わりの1頭目」を重視して初仔のディープインパクトは割り引いて選んだ5頭になりますが、今のところ勝ち上がっているのがシンハライト1頭という状況です。

JFに最低1頭、2頭くらいは指名馬が出ていて欲しかったのが本音ですが、これから楽しみな馬も何頭か居ますしオークスが終わったときにどうなっているか、楽しみにしたいと思います。


1
2
3

さて話は変わって先週日曜中京6R
13-11-15で決まり3連単29万ついたこのレース
◎が指数10-1という私の指数の最高指数で先週最も堅い軸だった勝負レースですが、買い目は画像の通りで13番から11番も15番も買ってますが、当たってません。

このレース買う前から嫌な感じだったのは
指数2位○12番が6-6というまあそれなりの指数もやや低い順位で
指数3位▲1番が3-10と一気に指数が低くなり順位もかなり低く
指数4位△4頭が指数2で差がなく続き、以下指数1で4頭というレースでした

基本的には指数2位と指数3位で指数差3離れているため、2,3枚目の画像メソッド3ということになるわけですが、予想コメントにも書きましたが指数2位馬の順位が低いので、印象としては指数5寄りの指数6、指数2位馬の2,3着付で買うメソッド3にするには心もとなく、仮に指数5なら2,3着6頭のメソッド2になるわけで、2,3着6頭のメソッド2にしたほうがいいかも知れないという印象でした。

しかし指数3位▲1番は更に順位10位とかなり低く、印象としては指数2寄りの指数3、指数4位△4頭とほとんど差がない印象で、仮に指数2位○12番が指数5で指数3位▲1番が指数2としてもメソッド3が基本ということになるわけです。

更に厄介だったのが順位2位馬が指数1の18番で順位4位馬が15番と、順位を考慮すれば指数3,4位5頭とほとんど差がないようにも見える。

つまり◎は最高指数である指数以上に他馬との指数差を考えるとここでは圧倒的に上位で、指数2位馬はメソッド3にするには心もとない2番手、指数3位以下はほとんど差がないメンバー構成だったことになる。

ある意味買いづらい印象のレースで悪い予感が的中という感じの結果になり、1頭-6頭-10頭という54点、メソッド1を手広くした形なら取れていたことになる。

まだ各メソッドで完璧に捉えられるレースばかりではなく来年以降の課題という印象を持った一方、勝って当然の馬から54点買った場合の54番目の高配当が2,3着に来たという結果論なところはあり、きりがない印象もあるが、指数と順位の並びがメチャクチャな場合は今後も注意が必要で、来年に向けて今月から試してることもあるので、メソッド7というようなことを考えていく必要があるのかも知れません。

今年もよろしくお願いします

昨年は、というか先週、数日前ですが、有馬記念の翌日が東京大賞典で、有馬記念の丁度1週間後例年より1日早く1/4には金杯という忙しない年末年始で今日1/2から競馬モードというわけです。

一昨年のように有馬記念翌日に阪神C等の開催があるのも違和感があって嫌でしたが、有馬記念から間が開かず休みが全くないのも嫌ですね。


有馬記念は指数2位タイ順位1位の○ジェンティルドンナが1着、2,3着が指数4位タイの△2頭、4着が指数1位◎ジャスタウェイ、5着が指数2位タイ▲エピファネイアでした。

上位5頭ということで言えば指数的には極めて順当と言える結果でしたが、上位5頭の着順はこのコース故の枠順、或いは騎手の差だったでしょうか、指数による差という印象は受けず、有馬記念らしいと言えばらしいやや消化不良なレースでした。


翌日東京大賞典も◎ホッコータルマエ○コパノリッキー2頭軸で相手4,5頭という勝負レースでしたが、有馬記念で色々と手を広げた反省も踏まえて相手4頭を選択し、3連単でたった4点、1頭だけ買わなかった1頭が3着サミットストーンという、なんともお粗末な年末でした。

こういうミスをなくしていかないといけないんですが、なかなかどこぞの集団のようにパーフェクトイヤーとはいかないものです。


来週から2014年の回収率を色々と出していこうと思います。

指数的には1着が指数5位タイ、2着が指数1位、3着が指数4位と昨年とほぼ同じ結果となりました。
過去の傾向通りまたしても指数1位が2着と勝ち切れず、来年も馬連3連複での購入が良いと言えるレースとなりそうです。

そして降雪による代替開催が終了し、今週からようやく通常の開催に戻るのと同時に舞台は東京から中山へ、京都も阪神へと開催が替わります。
早速重賞も3鞍組まれており、アーリントンCはNHKマイルCへ向けて注目の一戦となりそうですし、阪急杯、中山記念は中々の豪華メンバーで勝負レースともなる予定です。

jc

先週のブログにも書きましたが、ジャパンカップは2011年と非常に似ているパターンで1着指数1位、2着指数4位、3着指数6位での決着となりました。

馬券的にはこの2,3ヶ月程、高めの配当を最大構成では的中しているものの通常構成では取り逃すということも多かったので、通常構成と最大構成を両方買う、つまり通常構成は2倍買うという方法も場合によっては良いのではないかと考えていましたが、それが早速機能したという結果でした。
今週以降、また来年以降の回収率向上のための検討材料でしょう。


1124

WIN5はまたあえて外したというような結果になってしまいました。
先々週は配当妙味を考え意図的に外したというところもありましたが、先週は東京9R16番の人気を読み違えたことがこのような結果を招きました。本来の私の狙い方であれば東京9R16番は件数(1)ではなく件数(2)(3)(4)(5)に加えるべきで、件数(3)で的中していなければいけないWIN5でした。



jcd

さて、今年で最後となるジャパンカップダートもジャパンカップと同様に例年勝負レースとなることが多く、今年も勝負レースとなりますが、ジャパンカップとは打って変わって相性は良くありません。
ただ、この秋のGⅠの指数1位ということで言えば6-1-0-0と好相性なので、ジャパンカップとは配当面が違いますが先週と同じく2011年のパターンを狙うということになりそうです。


9/1函館7R3連単103,550円は通常構成にしたため私自身は痛恨の不的中でした。

例えば逆に以下画像の7/27新潟12Rは最大構成で買いましたが8,9,13を3着に落とした通常構成35点でも的中していましたし、もっと言えば8,9,13を一切買わない最小構成20点でも的中していました。
同じ日の小倉7Rは通常構成で買い的中。(最大構成の場合は相手に4頭追加)

130727b

130727a


たった2,30点と言えば2,30点ですが、1.5倍や2倍以上の購入点数とも言え、
1000倍を逃した今回のケースは絞ったことが失敗と言えますが、
基本的にはなるべく少ない点数で当てたいところです。

トータルの回収率で考えた場合にも、どちらを買い続けるのが良いかというのは年によって違ったり一概には言えず、3連複等も含めオッズ等を見ながら常に正しく選択したいというところです。


今週は3日間開催となります。
日曜はローズS、月曜にセントライト記念と、秋華賞・菊花賞のトライアル重賞が組まれWIN5も2日間発売されます。
牝馬路線は元より中心馬不在で、牡馬路線も皐月賞馬が天皇賞へダービー馬は凱旋門賞へ進むことで混沌としてきました。
秋華賞も菊花賞も波乱の要素は十分あると言えるでしょう。

その昔、秋華賞では◎ブゼンキャンドル◎ヤマカツスズランとしたこともありました。
デニムアンドルビーがトゥザヴィクトリーやシルクプリマドンナに似ていると思うのは私だけでしょうか。。

先週は特に函館で今年もしくは近年最も悪いくらいの天候・馬場での開催だったのではないでしょうか。
小倉も金曜の夜間発売を中止するほどで、日曜は各場重・不良の開催となり、かなり厳しい状況下での予想家デビューとなりました。

基本的に馬場が悪化するに連れて実力通りに決まる確率は下がると思いますが、指数通りに決まる確率も下がると言えます。
ましてやほぼ全馬が経験のないような馬場では、自分の理論の破綻に近い状況とも言えると思いますが、そんな状況で推奨レースの日曜函館7R3連単103,550円を筆頭にそれなりの結果を残せたかとも思います。


今週からは中山・阪神開催となります。
開幕週というのも馬場の造りの影響を受けやすい条件と言え、極端な前残りや内有利の馬場は実力・指数通りに決まる確率を下げると言えます。

実際に今年はじめ回収率で苦戦した一因には極端な前、内有利の京都芝コースの影響ということもあったのかと思います。
そこまで極端な馬場ではなく、先週のような極悪馬場で開催されないことを願います。

京成杯AHは例年通り抜けた馬は居らず混戦気味、セントウルSはなるべく少ない点数で2,3着を当てるということになるかと思います。

このページのトップヘ