nhk16
過去9年で指数1位馬が1勝2着1回3着1回、順位1位馬は2勝2着1回とともに振るいませんが、今年は近年になく指数1位と2位にやや指数差がありそうなので良い結果を期待したいところです。

ちなみに今年牝馬で参戦するメジャーエンブレムと過去牝馬でこのレースを制したシーキングザパール、ラインクラフト、ピンクカメオを比較すると、シーキングザパールとほぼ同じ指数、ラインクラフトより低く、ピンクカメオより高い指数となりそうです。


さて先週の天皇賞春は◎が1着も2着が抜けというありふれた予想結果でした。
結果的には先週書いた、長距離限定2701m以上か3000m以上で指数算出・予想をしていればというところだったかもしれません。

今回は情報が古くなることよりも距離に重点を置いたほうが結果としてよかったことになるので、今後も同じような傾向が続くようなら長距離戦では長距離限定の予想を考えたほうがいいのかもしれません。