3強対決ということで盛り上がっています。
先週の桜花賞3強対決は1,2,4着と惜しくも馬券対象圏を3強で占めることは出来ませんでしたが、さて今週は。
satsuki16
過去9年で指数1位馬が2勝2着1回3着2回、順位1位馬は2着1回3着3回と、順位1位馬の1着はない過去の傾向となっています。

注目は順位2位馬でしょう。
過去9年で5勝3着2回と、頭付けの馬券を押さえる価値はありそうです。

今年の順位1,2位馬はリオンディーズかマカヒキのいずれかにかなりそうですが傾向的には明暗分かれそうです。


3強のもう1頭サトノダイヤモンド。
個人的には現時点のスケール感ではディープインパクト産駒牡馬の最高傑作という印象ですが、ローテーション的にはきさらぎ賞からの直行と鞍上も同じ先週のメジャーエンブレムを彷彿とさせます。

終わってみれば先週同様、馬の戦績やスケール感より結局は定石通りのローテーションがモノを言うのかもしれません。

一方オカルト的にはそんなにデムーロ騎手ばかりGⅠを勝つのかという気もするし、血統的な傾向では過去の産駒にはないスケール感という印象はあってもディープインパクト産駒が未勝利の皐月賞でもあります。

とまあ、結論になってない結論ですが、3頭とも一長一短。
個人的にはサトノダイヤモンドが強いと思いますが、違う馬が◎になるでしょう。



さて、先週の日曜阪神8R
久々に勝負レースで2000%近い的中がありました。
20160410c
指数1位◎14番が指数8-3
指数2位○12番が指数6-1 ▲10番が指数6-4
やや離れて
指数4位△11番が指数4-8
やや離れて
指数5位△6番が指数2-2 △3番が指数2-5

基本的には買い目やコメントに書いたとおり
◎1着から2,3着○▲△5頭へ20点のメソッド2になりますが、指数2位の2頭と指数4位で指数差が2離れていて、目安の指数差3は離れていないものの順位を考慮するとメソッド4にしてもいい微妙な指数の並びだったので、まずメソッド4の形で買いメソッド2にしていた場合に漏れる買い目を追加したという買い目になっています。

◎が順位1位馬ならメソッド2,4両方を買って200円分的中となっていたのですが、重複する買い目は除いて買いました。

結局メソッド2,4どちらにしろ当たっていたので少々無駄な買い目が増えてしまいましたが、◎14番が5番人気と人気を落としていたので勝てばそこそこの配当にはなることも分かっていたので、多少多めの点数になってもいいだろうというものありました。