今年もよろしくお願いします

さて昨年一昨年と何度かブログで書きましたが(この辺とか)回収率が下がることも想定して2013年以前とは違うことを試した2年間でした。
試みたのは以下3点


・未勝利戦の勝負レースを買う
・障害戦の勝負レースを買う
・非勝負レースを買う


まず未勝利戦・障害戦ですが、そもそも13年以前買っていなかった理由は私の予想理論と合っていないと感じていたからで、端的に言うと予報のような主観的な予想のほうが合う場合が1勝以上している条件より多く見受けられ、直近の成績が良い順であったりキャリアが浅い馬のほうが優位になる確率が未勝利戦・障害戦の場合は高いからというのが理由だったのですが、やはりその考えに間違いはないと再確認しました。
140503
14/5/3のようなのが当たることもありますが、逆に言うとこの的中があったために15年も調査をする羽目になったとも言え、未勝利戦・障害戦の勝負レース全体でと考えるとトータルの確率、期待値的には他の条件に比べ高いとは言えず買わないほうが良いという判断です。

ただ未勝利戦の時期的な影響もありそうではあります。
1回や2回で勝てる馬が全部勝ち抜けた正にこの的中例の5月頃は狙い頃かも知れません。



非勝負レースを買うというのは昨年1年間だけ試みたことになります。
基本的に買うことを推奨しない非勝負レースですが、コース相性の良い東京・新潟・中京の左回りや指数が高めなレースを積極的に買い、効率良く美味しい馬券が拾えないかというのが狙いでしたが、コース相性や指数の高低で効率良くというのは難しいようです。

やはり勝負レースと非勝負レースの線引は正しいと再認識もでき、非勝負レースの効率を上げるというのは今後も考えて行きたいところではありますが、ひとまずクラシックスタイルに戻し、勝負レースに主眼を置きたいと思います。



それでは昨年一昨年と試みた上記3点をやめ、完全に13年以前のスタイルに戻すかと言えばそうではなく、今年は勝負レース内での金額の強弱を試みようと思います。
これこそ本来試みたかったことで、昨年一昨年の作業は言わば今年のための布石、絞り込み作業だったわけです。
a
指数表を見て頂ければお分かりのとおり、同じ勝負レースでも順位1位馬は頭一つ抜けて連対率・複勝率(恐らくというか間違いなく勝率も)とも高く、これを見過ごす手はありません。

勝負レースで順位1位という場合には、「勝負レース中の勝負レース」、あるいは「順位1位以外を買うレース、順位1位のレースを勝負レース」としてもいいかも知れませんが、勝負レースで順位1位という場合には絞った形(通常構成等)と広げた形(最大構成等)2パターン買うというのを今年は通年で試みます。

特に指数9以上は更に厚く買ってもいいかも知れませんが、とりあえず基本は2パターン、買い方について2パターン以上候補がある場合には予想コメントにて補足します。
151220
jc (2)
先行して昨年12月から何レースか試していましたが、12/20の的中など早速成果は出ており、そもそもの発端は何度も出してますが、13年のJCなので、手応えは非常に感じています。

今年は回収率150%を超えるべく攻めの一年だと思っていますので、一年通してお付き合い頂けましたら幸いです。