mcs15
過去8年指数1位馬は3勝2着1回、順位1位馬は2勝2着1回となっており、過去の傾向からは3連複を押さえる必要はなさそうです。

私が競馬を見始めた頃は最も堅いGⅠと言われていた時期があったような気がしますが、昔の話すぎてそう言われていた記憶が定かでないほど近年は混戦の代表のようなGⅠになってしまったマイルCSです。

しかし今秋のGⅠは全て近年のマイルCSとほとんど変わらない指数の出走メンバーのレースが続いているため、今年はマイルCSだけが特別混戦で難解という印象にならないのは良いのか悪いのかという感じです。


現時点で今週末の天気は持ちそうな予報ですが、先週のエリザベス女王杯の結果からもこのレベルの指数での混戦となると馬場の影響で着順が変わる確率も高くなるので、天気にも注意が必要かも知れません。

私の予想の場合、馬場が悪化したからと言って買う馬を変更するというものではないので、出走馬の指数が低いレースは特に普段以上に買わないようにするとか、なるべく買い目を絞り守備に徹するか、あるいは逆に馬場の影響で指数の再現性が下がることを利用して2,3着を手広くして高めの配当を狙ってみるかというような選択になってくるかと思います。