今年から阪神に替わる朝日杯FSです。
レース名こそ変わりませんが、ジャパンカップダートからチャンピオンズカップへの条件変更より影響は大きい気がします。
近年の朝日杯はクラシックとはあまり関係がない異質なレースも多かったので、枠の有利不利も少なくなる阪神に替わることは阪神JFと同様にクラシックとの関連性は高くなるのではないでしょうか。

しかし牝馬同様2歳牡馬路線も混沌としている印象です。
先週は混戦ということもあったからでしょうか未知の魅力や新種牡馬への期待か予想外な馬が1番人気になっていましたが、今週はブライトエンブレムか血統込みでアッシュゴールドが1番人気ということになるのでしょうか。

アッシュゴールドはご存知の通りドリームジャーニー、オルフェーヴルの全弟となります。
初戦の大敗には心配しましたが、2戦目で勝ち上がり3戦目で重賞2着とさすがこの血統という感じでトントン拍子でGⅠまでこぎつけました。
既に並みの馬ならまずまずの活躍と言ってもいいかと思いますが、オルフェーヴルの3倍という募集価格からしてもGⅠの1つや2つ勝つことは至上命題とも言え、この馬の場合にはそういう訳にもいかないかと思います。
まずはドリームジャーニーに続く朝日杯兄弟制覇となるのか注目したいと思います。


さて個人的にはレース以上に注目しているリーディング争いですが、リーディングジョッキーは差が広がりほぼ決まりという感じですが、リーディングトレーナーは先週大挙出走した矢作厩舎が未勝利に終わり、藤沢厩舎は手堅く1勝、角居厩舎が2勝、松田博資厩舎、池江厩舎が3勝と猛追してきて非常に面白くなってきました。

欧米なども多くがそうだったかと思いますがサイアーランキングと同じく、騎手も調教師も勝利数順よりビッグレースを勝った証明である収得賞金順でリーディングというほうが個人的には納得感があるので、なるべく勝利数順が収得賞金順と一致するように決着してほしいとは思っています。

収得賞金上位3厩舎は有馬記念にも有力馬が出走予定なので、有馬記念の結果も重要になってくるかも知れず残り2週リーディングトレーナー争いから目が離せません。