短期間の急激な成長に稀にそのように感じる馬が居ます。
ここ1年程ではディアデラマドレとジャスタウェイの2頭です。

ディアデラマドレは500万下1000万下の連勝が圧巻でした。
500万下を勝利した際明らかにこのクラスの馬ではないと思わせる鮮やかな勝利で、ディアデラノビアの他の産駒と間違えてるのではないかと思う程それ以前とは別内容の競馬でした。

続く1000万下堀川特別では、2着エアジェルブロワからの勝負レースでした。
エアジェルブロワもその後1000万下を完勝し重賞でも掲示板に載るほどの馬ですが、このときはエアジェルブロワがややチグハグな競馬だったのを差し引いてもまたも完勝と言える鮮やかな末脚で差し切られました。

その勢いでGⅠに挑み馬場が良ければ更に上位に来ていたかも知れないと思わせる9着と善戦し、その後休養中ですが復帰したら注目の1頭です。


そしてジャスタウェイですが、天皇賞秋の勝利だけではまだ半信半疑でした。
中山記念の圧勝で毎日王冠から天皇賞秋の間で変貌を遂げたのだと思いましたが、中山記念はケチをつけるなら経済コースを通っての勝利ではありました。

ドバイデューティーフリーは天皇賞秋の再現のような更に増した内容で、僅か3戦で完全に日本のトップホースの一頭になったという印象です。
次走は安田記念の予定とのことですが、その後どの路線へ行くのか或いは海外なのか、いずれにせよ中心の1頭となってきそうです。



さて今週はGⅠの谷間週ですが、勝負レースでもある大阪杯があります。
近年天皇賞春を使わない馬や香港のレースを目指す馬が始動戦とすることも多く、また日本では希少な2000mの別定GⅡでもあり、阪神大賞典以上に近年は豪華メンバーが揃う以前にも増して注目のレースという印象です。