今週は今年最初のGⅠフェブラリーSです。
毎年のことですが今年もダートのトップホースがほぼ勢揃いした豪華メンバーという印象で勝負レースにもなります。

同じダートGⅠのジャパンカップダートはあまり相性がよくなかった印象がありますが、ジャパンカップダートと比べてもフェブラリーSとの相性は悪くない印象です。
今年新設されるチャンピオンズCがどちらに出るのかも興味深いところではあります。

febs

過去7年で言えば指数1位が馬券対象にならなかったのは2012年だけですが、指数1位の1着ということで言えば2008年の1度だけと、過去の傾向からは指数1位の3連単や馬単の1着付けより馬連や3連複で買うのが良いと言えそうです。
昨年も指数1位9番人気エスポワールシチーが2着、指数2位7番人気ワンダーアキュートが3着でした。

また今年は例年多く見受けられる芝レースからの参戦がない点もダートの頂上決戦に相応しいと言えるかも知れませんし、馬券も買い易いと言えるかも知れません。

まずは何より東京開催が通常通り行われることを願います。