今週はきさらぎ賞、来週は共同通信杯といよいよクラシックが近づいてきました。
今年の牡馬路線はまだ勢力図が定まっていない印象ですが、きさらぎ賞の結果次第で定まってきそうなので注目したいと思います。


東京新聞杯はGⅢとは思えないような豪華メンバーで、勝負レースとなります。
先週開幕した東京の馬場は際立った偏りはないフラットな馬場という印象ですが、昨年の成績等を調べても私自身開幕週とはあまり相性が良くないようです。

馬場の偏りは少なくても開幕週は騎手の判断等を含め、展開による有利不利が生じやすいのかも知れません。
その点では勝負レースとなる東京新聞杯が以前の1回1日目から今の1回4日目に移ったことは歓迎材料と言えそうですが、今週から小倉開催もはじまり、例年逃げ・先行有利という印象ですし注意が必要かも知れません。