2013c4
2013c5
2013c6

私の場合は騎手を選んで馬券を買うことは出来ないので、軸馬かどうかでも変わってくる数字とは思いますが、大まかに言えば指数上位馬に乗っていた騎手の順ということになるでしょうか。

回収率ではやはり高配当的中時に対象になっていた騎手が高くなっているようで、騎手別で気になるのは回収率より的中率かも知れません。

コース別成績同様に関西所属騎手より関東所属騎手のほうが的中率は高い傾向にあるようで、それは馬も騎手も関西のほうが混戦傾向にあるからと言えるのかも知れませんが、全体的にそれほど大きな差はないようにも感じます。
ただ購入R数がある程度多い中での的中率の差には相性の良し悪しを感じます。

昨年の成績を元にコースや騎手によって買う・買わないということは今後もありませんが、良いイメージ・悪いイメージを持つことはあるでしょうし、以前から相性の良い印象がなく、やはり良くなかったということや、意外な数字だったということもありました。


さて、今週から中京競馬がはじまり、しばらく変則日程はないようなので、今週からまた仕切り直しというところですが、重賞はどちらも混戦模様という印象です。