fuji

この2ヶ月程通常構成の精度が高いとは言えない状況で私自身苦戦しているという状況にあります。
例えば勝負レースだった画像の富士Sですが、2番手以下が混戦の指数だったので、2,3着の入れ替えを買うか、或いは◎9番ダノンシャーク1着流しで相手10頭という90点を買うかということも考えましたがこの買い目を選択しました。

結果90点であれば250,420円が的中していたわけですが、私が買っていたかどうかはともかく、指数2番手以下が混戦ということからも最大構成は90点にすべきだったと思いましたし、2番手以下の指数によって買い方の選択が重要だということを再認識しました。


さて、今週はGⅠはお休みでJCとJCDへ向けてのGⅡGⅢが日曜のメインレースとなります。
どちらも勝負レースではありませんが、低調なメンバー構成ということもなく、アルゼンチン共和国杯は1頭が指数的にはやや抜けていて、みやこSは上位混戦という感じです。
アルゼンチン共和国杯はハンデ戦で、みやこSは最近ではあまり見ない59キロという斤量がどう影響するかというところでしょうか。