9/1函館7R3連単103,550円は通常構成にしたため私自身は痛恨の不的中でした。

例えば逆に以下画像の7/27新潟12Rは最大構成で買いましたが8,9,13を3着に落とした通常構成35点でも的中していましたし、もっと言えば8,9,13を一切買わない最小構成20点でも的中していました。
同じ日の小倉7Rは通常構成で買い的中。(最大構成の場合は相手に4頭追加)

130727b

130727a


たった2,30点と言えば2,30点ですが、1.5倍や2倍以上の購入点数とも言え、
1000倍を逃した今回のケースは絞ったことが失敗と言えますが、
基本的にはなるべく少ない点数で当てたいところです。

トータルの回収率で考えた場合にも、どちらを買い続けるのが良いかというのは年によって違ったり一概には言えず、3連複等も含めオッズ等を見ながら常に正しく選択したいというところです。


今週は3日間開催となります。
日曜はローズS、月曜にセントライト記念と、秋華賞・菊花賞のトライアル重賞が組まれWIN5も2日間発売されます。
牝馬路線は元より中心馬不在で、牡馬路線も皐月賞馬が天皇賞へダービー馬は凱旋門賞へ進むことで混沌としてきました。
秋華賞も菊花賞も波乱の要素は十分あると言えるでしょう。

その昔、秋華賞では◎ブゼンキャンドル◎ヤマカツスズランとしたこともありました。
デニムアンドルビーがトゥザヴィクトリーやシルクプリマドンナに似ていると思うのは私だけでしょうか。。