2016年05月

競馬関係者の祭典ダービーです。
世界中のホースマンはダービーが目標で1年の区切りのレースなのではないでしょうか。

翌週から2歳戦も始まり1年の区切り感はありますが、私みたいな馬券人間はダービーに対して他のGⅠと比べ特別な感じは全くなく、自分の理論との相性ということもあるのかも知れませんが、古馬のトップホースが集結する安田記念や宝塚記念のほうが楽しみだったりします。

derby16
過去9年で指数1位馬は2勝2着1回3着2回、順位1位馬は2勝2着1回3着1回とあまり相性は良くありません。オークス同様勝負レースではないので指数通りに買う必要はないわけですが、指数1位馬はリオンディーズでしょうか。

指数1位馬は過去の傾向からすると好相性とは言い難いですが、指数・順位いずれも4位までの馬が過去9年中7年で勝っているので、個人的に強いと思っているサトノダイヤモンドの指数・順位が4位までならそこから買うというのもいいのかも知れません。



さて突然ではありますが今週でこちらでの予想提供は最後になります。
この春のGⅠではようやく勝負レースになりそうな安田記念や宝塚記念の予想提供が出来ないのは残念ですが、長らくお付き合い頂きましてありがとうございました。

やはり私の理論の肝は1日36レース中どのレースを買ったら良いのか、買えるレース・買えないレースの選定にあると改めて感じたので、そのような形で予想提供出来る環境を整えるべきだと考えます。

ブログはもうしばらくこちらを使うかも知れませんので、引き続き宜しくお願い致します。

oks
過去9年で指数1位馬が3勝2着2回3着1回、順位1位馬は3勝2着1回3着1回となっています。
今年はメジャーエンブレム、ジュエラーの回避で1強ムードのシンハライトが指数・順位とも1位になりそうです。

牝馬のメジャーエンブレムがNHKマイルCに回り勝利したことや、シンハライトと馬主・戦績が同じ点など、2005年のラインクラフト、シーザリオのときを思い出したりもします。シンハライトはシーザリオと指数も同じになりそうです。
枠順出ましたが帽子の色まで同じですか、なんともはや。

まあ勝負レースではないので、必ずしもシンハライトからなんならオークス自体を買うことを特段推奨もしませんが、個人的にはPOG指名馬でもあるので(レッドアヴァンセも)頑張ってほしいと思います。
p

vm16
13,14年的中と相性が良い印象があるヴィクトリアマイルですが、過去9年で指数1位馬が4勝2着2回、順位1位馬は3勝2着3回と印象通りまずまずの好相性。

指数1位馬、順位1位馬とも3着はない過去の傾向となっており、2007年以外は毎年指数1,2位馬が連対しているので、指数上位馬から過去の傾向に従って買うなら3着になることを考慮する必要はなさそうです。

また今年も勝負レースではなく指数的には混戦、指数上位馬にほとんど指数差はなさそうですが、的中した13,14年も同じような指数だったのでそれほど気にしなくてよさそうです。

20160508
さて先週のNHKマイルC
GⅡの指数なら買える4頭を3着に加えて買いましたが、恐らく予想の買い目には2,3着5頭のメソッド2しか書いてないですね。申し訳ないです。

5
続いて先週のWIN5
新潟が終わり東京10Rのアポロケンタッキーを買っておけばよかったと思っていたんですが、買っていたらWIN4×2という悔しい馬券になっていました。
アポロケンタッキーを加え分割せず2頭×3頭×8頭×9頭×1頭のストレートで買えば結果的には的中していたわけですが、432点も買うつもりはないのでまあそれはいいでしょう。

nhk16
過去9年で指数1位馬が1勝2着1回3着1回、順位1位馬は2勝2着1回とともに振るいませんが、今年は近年になく指数1位と2位にやや指数差がありそうなので良い結果を期待したいところです。

ちなみに今年牝馬で参戦するメジャーエンブレムと過去牝馬でこのレースを制したシーキングザパール、ラインクラフト、ピンクカメオを比較すると、シーキングザパールとほぼ同じ指数、ラインクラフトより低く、ピンクカメオより高い指数となりそうです。


さて先週の天皇賞春は◎が1着も2着が抜けというありふれた予想結果でした。
結果的には先週書いた、長距離限定2701m以上か3000m以上で指数算出・予想をしていればというところだったかもしれません。

今回は情報が古くなることよりも距離に重点を置いたほうが結果としてよかったことになるので、今後も同じような傾向が続くようなら長距離戦では長距離限定の予想を考えたほうがいいのかもしれません。

このページのトップヘ