2016年02月

クラシック戦線の勢力図が大分固まってきました。
近年皐月賞トライアルが終わってもまだ中心となる馬が定まらないことも多かった印象ですが、勢力図が早めに固まった年のほうが世代レベルは高いことが多いと思います。

b
さて私の手駒としては
牡馬がロイカバード、レーヴァテイン
牝馬がシンハライト、レッドアヴァンセ
の2頭ずつとなりそうです。

牝馬はかなりチャンスのある印象ですが、牡馬はクラシックに参加は出来そうといった感じでしょうか。

きさらぎ賞の1~3着馬はノーザンファーム産(育成)・ディープインパクト産駒・関西馬という基本3点縛りでやっている私の指名候補の3頭でしたが、「母2頭目のディープ」「ディープ替わりの1頭目」という優先事項により、チョイスしたのはロイカバードでした。

基本3点と優先事項により指名したエース候補だったポルトフォイユ、シルバーステートの2頭がリタイアしてしまったという誤算はありますが、基本3点に合致するディープ産駒牡馬の現時点での最高傑作とも思えるサトノダイヤモンドを指名出来ていないのは痛恨の極みです。

よくよく考えれば「初仔は割り引き」という過去の傾向はあるものの世界中からディープのために良い繁殖を集めてきているのでしょうから、今後変わってくると思える傾向だったとも思えます。

また、初仔は割り引きという理由の元を辿ればディープ産駒の小柄な馬が不振で割り引きたいということなので、初仔云々よりも馬体重にのみ焦点をあてるべきだったかも知れません。


個人的に特にPOGということで厩舎で選ぶとしたら真っ先に見るのが角居・池江厩舎の入厩予定馬ですが、その2厩舎に基本3点と優先事項に合致する馬がおらず、その点においては妥協して選んだ10頭とも言えるわけですが、皮肉なことに今年の牡馬クラシックはこの2厩舎を中心とした争いとなりそうです。

この2厩舎に優先事項などとケチを付けるべきではなかったと思う一方、何でもアリとなるとエルプシャフトやフォイヤーヴェルクも指名しなければならなかっただろうし、しかし優先事項に拘らなくとも母馬が高齢過ぎるという理由でエルプシャフト、小柄過ぎるという理由でフォイヤーヴェルクは指名せずに済んでいたかとも思います。

基本3点と優先事項は基本的には来シーズンも続けたいと思いますが、優先事項は拘りすぎず、馬体重とデビュー時期で柔軟に対応するのが良い気がします。



POGにおける2トップは前述の2厩舎だと思っていますが、一口馬主ということで言うと今週で引退となる松田博・橋口厩舎はその2厩舎に優っている印象すらあります。
実際一口馬のペイ率やトータル回収率等は非常に優れた数字を残されているのではないでしょうか。

私が見てきた調教師の引退でこれ程残念に思うことはなかったのではないかというくらい残念ですが、最後までトップの存在であり続けた松田博・橋口調教師には心からお疲れ様でしたと言いたいと思います。



中山記念は勝負レースになりそうです。
松田博厩舎から角居厩舎に転厩したラストインパクトも出走予定となっています。
中山記念に使うなら転厩はその後でもよかったのではと一瞬思いましたが、松田博厩舎に中山記念というイメージはなく、転厩したからこその出走という気もします。
主観的には2冠馬が強いのではないかと思いますが、違う馬からの勝負レースとなりそうです。

早いもので今年の初GⅠです。
少し空いて高松宮記念、更にほんの少し空いて桜花賞が始まると安田記念までほぼノンストップで、少し空いて宝塚記念があって上半期ももう終わりかという感じです。

まずは開幕戦フェブラリーS
昨年はコパノリッキーからの勝負レースでしたが、ホッコータルマエの回避によって今年は勝負レースではなくなりました。
正直GⅠ10勝もしていながら未勝利のこの条件でこの年齢になって積極的に買いたくはないので、回避に決まってよかったと思う一方、勝負レースでなくなることは残念です。

勝負レースでないということはつまりコパノリッキーに昨年の指数はないということになります。そうなると若く勢いがあるほうに気持ちがいくのが心情ですが、メイショウボーラーのように若さと勢いのまま勝った馬もいるものの、メイショウボーラーはそもそも芝のGⅠでも実績があった馬でしたし、チャンピオンズC(JCD)より若さと勢いが通用しないレースという印象もあり、チャンピオンズC(JCD)より指数と相性が良いのがフェブラリーSでもあります。

feb16
過去9年で指数1位馬は3勝2着5回3着3回と馬券対象にならなかったのは2012年のみ。順位1位馬は3勝2着1回3着2回となっています。
過去の傾向的には3連複も押さえたほうがいいかも知れません。



あと土曜
京都牝馬SとダイヤモンドSが勝負レースになりそうです。
京都牝馬Sは好メンバーが揃った印象でかなり斤量の重い馬や、ラストランになる馬が居たりとどのような結果になるか楽しみです。

ダイヤモンドSは斤量差が10キロ以上、年齢差が上と下で6歳差と、長距離という特殊条件ならではというか、特殊条件に更に拍車が掛かったようなある意味面白いレースになりそうです。

今年の頭に書いた
http://lcc3blog.saikyo.k-ba.com/archives/47421519.html
勝負レースで順位1位馬の場合には2パターン買うというやつ、少なくとも今年中はやろうと思ってるので当然継続中なんですが
20160207
先週日曜京都7R
このレース2着4頭、3着6頭のメソッド1で買うのが基本で、もう1パターン追加するなら指数のある馬全部を2,3着6頭で買うメソッド2か、指数上位4頭を2,3着4頭で買うメソッド2かの2択でした。

出走頭数も10頭と少なく指数的にも印をつけた5位までと6位以下で明確な断層があるので、3,10番2頭を2着で買うのは違うと思い後者を追加したわけですが、結果的には前者ならというところでした。

3
しかしまあ20点程度の買い目の上位と下位でこのオッズ差は中々お目にかかれない気がします。そしてその19番目の配当が的中と、意外とこういうパターンは多い印象があります。私の追加選択は指数的にも仕方がなかったかと思いますが、少頭数ということとオッズの安いほうを意識してしまった選択だった気もします。

安目を厚く買うというのは一般的に多く用いられる手法かと思いますが、無駄金になることも多く、回収率的にも効率が悪いです。強弱を付けるならあくまで理論的に指数ベースでやらないと意味はなく無駄金が増える一方で回収率は上がりません。


京都記念は勝負レースになりそうです。
WIN5も基本的にはその1頭ということになります。
共同通信杯は予想しないかも知れませんが、WIN5はとりあえずハートレーともう1頭くらい買っときたいところです。

きさらぎ賞にこんなメンバーが揃うのは、90年台後半2000年台前半振りかという懐かしさで、無敗馬ということではアグネスゴールドを思い出したりしますし、今年のきさらぎ賞はクラシックに直結して来そうなメンバー構成という印象です。

来週の共同通信杯もシルバーステートは残念すぎますが、そこそこのメンバーが出てきそうですし、今年は本当に粒揃いという感じがします。

ボジョレーヌーボーのように「ハイレベルだった昨年と比べても遜色ないレベル」とか手を変え品を変え毎年インフレ表現をしなければならない立場も大変かとは思いますが、レーティングの数値は大体正しく、今年"は"現6歳以降では最も粒揃いな世代だと思います。

粒揃い=ハイレベルで突出した馬が居ると簡単に言い切れないところもありますが、粒が揃ってないときより強い馬が多く居る可能性は高いです。

昨年古馬の芝GⅠで勝負レースが1レースもないというかつて記憶にないことが起きたので、今年の3歳には秋以降や来年にも期待したいところです。


20160130
先週書いた地方出身のK騎手、早くも昨年の回収率を上回ることが確定しました。
20160130b
しかし土曜京都11RではK騎手騎乗エノラブエナからの勝負レースでしたが、最後に差し返されるあたり軸で買うには今年も信頼できない印象です。折角断然人気のブチコが連を外してくれて勝ったと思っただけにまあまあショックでした。

そして先週もまたWIN4でした。
基本的にWIN5対象レースに勝負レースがある場合は勝負レースのところは1頭にし、勝負レース以外は2頭以上買うようにしているのですが、アットウィルもビッグアーサーも指数2位○の馬にやられているので勝負レースなのが仇になった感じです。

まあWIN5は1頭のところを2頭にしただけで買い目が倍化しますし、勝負レースが外れているので仕方ないとは思えるので、基本的には今後も同じ感じで買おうとは思います。

このページのトップヘ