2015年10月

akiten15
過去8年で指数1位馬は2勝2着3回3着3回、順位1位馬は1勝2着3回3着1回となっており、いずれも勝ち切るより2,3着が多い結果となっています。

要因の1つには近年の指数1位馬はJCが最大目標ということもあり、天皇賞には前哨戦を使わずに出てくることも多く、前哨戦を使ってくる天皇賞に全力投球という馬にやられている印象です。

今年は天皇賞をJCの前哨戦のように使えるほど抜けた馬も居ないため、各馬天皇賞に全力投球という感じもあるので、好勝負が期待出来そうです。


非常に混沌としていた天皇賞ですがオールカマー、毎日王冠、京都大賞典と前哨戦が終わり、ここへ来てラブリーデイが1歩も2歩も抜けたという印象を受けた人も多そうです。

よくよく考えればこの馬、ハープスターもキズナも完封していて、先週の話とも通じますが、特殊条件の3000m超以外では今年無敗の重賞5勝とこのメンバーでは断然とも言える実績をあげていることに今更ながら気づいた私もその1人です。

今年の金杯が重賞初制覇ということで、最近だとフェデラリスト、昔だとサクラローレルを彷彿とさせたりもするわけですが、先週の話で言うと3000mという特殊条件では能力を全く発揮できなくなるタイプと言って良さそうです。


圧倒的な人気になっても良さそうなものですが、今回もそうはならなそうなのは3000m超の惨敗が完全にはノーカウントに出来ないということと、左回りと乗り替わりが新たな課題になりそうだからでしょうか。

主観的に言えばそれらが嫌われ若干でも配当妙味が付くなら寧ろ美味しいと◎ラブリーデイにしたいところですが、しかしこんな主観的な予想で勝てれば誰も苦労はしないということは菊花賞の結果でも分かるわけで、菊花賞同様というか、いつもと同じように主観的情報に左右されず、指数順で印を打ち、メソッド通り買いますので、実際の◎が何になってどう買うことになるのかはまだ予想していないので分かりません。


そういう意味では菊花賞は主観的情報に左右されないフラット指数・フラットメソッドの真骨頂と言える的中だったのかも知れません。

真骨頂と言うには大して高い配当ではなかったですが、特殊条件と散々書いた割に指数1位馬のワンツーと極めて順当な結果となり、終わってみれば3000mがプラスに働いた馬は居らず、各馬ほぼ平等に3000mがマイナスに作用した結果指数通りの決着になったと言えそうです。

kikka15
指数1位馬は1着4回2着1回3着0回、順位1位馬は1着3回2着1回3着0回と馬券対象になる場合は勝ち切ることが多いと言えそうです。

菊花賞や春天のような長距離レースは特殊条件のレースとよく言っているんですが、菊花賞の場合特に今後一生この距離を走らない馬と今後このくらいの距離あるいはもっと長い距離を主戦場としていく馬とが一緒に出てくるわけです。
牝馬におけるオークスも近い条件ではあります。

不良馬場なんかにも言えることですが、こういった特殊条件のレースというのは

能力±適正=

みたいな方程式のイメージのレースになってきます。

適正による影響の小さい一般的な距離に比べ、適正による影響を大きく受けるので、1つ余計な要素が加わるため指数通りに決着し辛いわけです。
主観的な予想をする場合には予想のしがいがあると言えるかも知れません。

3000m超がベスト条件という馬は近年はほとんど居ないので、大体は3000mという距離がどの程度能力にマイナスに影響するのか、ほぼ影響しないレベルなのか、能力を全く発揮できなくなるのか、あるいはプラスに働くのか。

例えば指数1位で勝っているオルフェーヴルやゴールドシップやエピファネイアは相手関係との能力の違いだけで、3000mというベストではない条件で能力に多少マイナスな影響があったとしても勝つことが出来てしまうわけですが、能力がそれほど高くないとか、能力を上回るほど特殊条件がマイナスに働けば貯金がないので当然負けるわけです。

そう考えると今年の指数1位馬の指数では前述の能力だけで3000mをクリア出来た3頭に比べて劣るので、能力だけではカバーできない可能性のほうが高いと言えます。3000mがプラスに働くか他の馬も同程度3000mがマイナスに働けば勝つ可能性はあると言えます。


指数の傾向的にも勝ち切るかどこにも居ないかという感じなので、指数1位馬の1着固定で買うか、3着までカバーするのは効率が良いとは思いませんが、3連複なんかも押さえて買うのか、3連複にしたとしても、能力を適正で大幅に下げてしまえば、昨年のように馬券対象から消えることも考えられるので、正直なところ今年のメンバーでは指数的には手を出さないのがベストだとは思います。


ディープインパクト産駒が長距離重賞は勝ってないとか、菊花賞はリアルシャダイやダンスインザダーク、昨年がスペシャルウィークと、近年は脚が遅めのSS産駒が良いんでしょうから、ゼンノロブロイ産駒のリアファルなんかは適正によるプラスがありそうな印象です。

母父エルコンドルパサーというもエルコンドルパサー産駒のソングオブウインドが菊花賞を勝っていますし、マークされ前走ほど楽に逃げられないとしても芝で底を見せていないということで上積みも期待出来そうで、距離延長がプラスに働くようなことがあれば、もう一発あっていいような気がします。

とまあ印は適正の要素は抜きに指数順でのみ打ちますが、誰でも思い付くような血統・展開予想でもしてみます。こっちのほうが当たるような気もします。




先週のWIN5は入れ込むとロクなことにならないという予想通り、1つ目の東京10Rが勝負レースでプリンスダム1頭にして1つ目でもうハズレました。
どうもこの騎手は今回もドゥラメンテで勝ったときも負けたときも、指示された位置取りに必死なのか、道中からドタバタと落ち着きが無い印象で、人気馬に乗ってるときに良い印象がありません。能力上位の馬ではもう少し落ち着いてドッシリ乗ってほしいものです。

一方、先週いよいよ本番突入と書いた通りレースの予想は調子が上がってきた印象です。まだ2,3着が抜けるようなレースも多かった印象ですが、この東京開催でその内完璧に嵌ってくるでしょうし、絶不調に陥るということはないと思います。

何より一番当たってるのはこのブログでの今週から本番だとか嵌りそうだとかダメそうだとか、今週全体がどうなるかという予想が当たっている印象もあります。

syuuka15
過去8年指数1位馬は4勝3着3回と2着は1回もなく、順位1位馬は3勝2着1回3着2回となっており、いずれも馬券対象にならなかったのは2008年だけとなっています。
また、08,14年以外は指数3位且つ順位3位馬までが勝っていて、近年の勝ち馬は順当な結果が多いと言えそうです。

昨年は紫苑S組が初優勝したわけですが、新潟コースだった影響か紫苑Sとしては過去にない程ハイレベルなメンバーが集まっていただけに昨年の結果は例外という見方をすることも出来るかと思います。


勝負レースではないので指数と関係ない極めて凡庸な主観的なことを言うと、ローズSが後方一気のワン・ツー・スリーという競馬だったので、常識的に考えれば平坦小回りに変わる本番では再現性に乏しい印象はあります。

しかしその昔◎ブゼンキャンドルでクロックワークが抜けた追い込みのワン・ツーという苦い経験を個人的にはしているので、近年あまり見掛けないとは言え混戦のメンバーでこの時期の牝馬だけにスタートしてみないと分からないことも多く追い込み決着もあるのかとも思いますが、ブゼンキャンドルのときは違い、追い込み勢が人気しそうなので基本的には前の馬に期待したいところです。

いずれにせよ勝負レースではないので指数を元にオッズや主観的な狙い方を織り交ぜてみるのもアリでしょう。



5a
5b
さて先週のWIN5は2日ともリーチが掛かり最後で外れるというなんとも残念な結果でした。

最近のWIN5はかなりまともというか狙い易い印象はあり、WIN5の調子は良いと言っていいと思うのだが、WIN5の場合、全部当てなければ結局WIN0でもWIN4でも同じなわけで、馬券の調子の良し悪しとはまた違うような感じもあり、調子が良いから当たりそうというよりも2日ともリーチまで行っといて逸したという印象のほうが強いのである。

今週こそと言いたいところではあるが、張り切ると金額だけが嵩んでロクなことにならないのがWIN5という印象もある。

ただ秋華賞も過去の指数の傾向から言えば2,3着を当てるより、2,3頭買っておくWIN5向きという印象もあるので、1頭の取捨で明暗を分け、賭け金も大きく変わるWIN5でも指数をお役立て頂ければと思う。

まあ今週からは馬券のほうがいよいよ本番だと思っているので、WIN5にあまり入れ込み過ぎずに勝負レースの馬券で良い結果を期待したい。

20151004_win5b
その前に先週のWIN5当たりました。
かなりお手頃な自分史上でも最安の的中でしたが、先週書いた最終週で嵌ってくる期待、まあ外れてはいなかったですね。

それにしてもWIN5リーチのドキドキ感、的中の歓喜は他では味わえないなと改めて感じます。

今回そのドキドキと歓喜の割には配当を見てガッカリしましたが、このドキドキと歓喜は金額の問題ではないかとも思うので、是非多くの方に味わってほしいと思います。

tokyo15
さて東京の回収率ですが、上から13,14,15年となります。
東京で負けたというのはここ5年では記憶にありませんが、仮に今年負けたとしても3年平均で200%超はあるわけなので、相性が良いコースという認識は変わりません。

まあ今年もなんだかんだで100%にはなるのではないかとは思っていますが、今週は先週も書いた通り指数との相性が良いとは思えない開幕週で、尚且つイレギュラーな3日間開催なので、本番は来週から、勝負はラス前5回東京開催かと思ってます。

sprinter15
過去8年で指数1位馬は3勝2着2回、順位1位馬は4勝2着2回とともに3着はなく、昨年と2010年の外国馬を除けば毎年順位3位馬までが勝っています。

ただ、今年は昨年より指数1位馬の指数が低く、今年の高松宮記念と比べても指数1位エアロヴェロシティを除いた指数2位以下の指数より今回の指数1位のほうが指数は低いので、仮にエアロヴェロシティが出ていれば高松宮記念に続き◎となったでしょうし、かなりレベルの低い一戦ということが言えます。

これはスプリンターズSに限らず、空前の盛り下がりを見せるとも思える今秋のGⅠ多くに言えることなので、勝負レースを選定し回収率を追求する私の理論的には見送るというのが一番のオススメというGⅠがこの秋多くなるでしょう。

未勝利戦でもGⅠでも的中馬券で貰えるお金は同じと割り切れる場合には実践することをオススメします。


12
先週のハズレ馬券。
ハズレ馬券を出すのはロクな当たり馬券がなかったからであるが、アタマ差4着だった12番は直線のドン詰まりがなければ3着はあっただろう。もし3着が12番であれば3連単2071倍3連複352倍だった。

345
もう1つ土曜日のハズレ馬券。
10番人気指数2位○6番クリノコマチが1着、1番人気指数1位◎1番が4着。
2011年の安田記念で指数1位◎アパパネが飛んで指数2位○リアルインパクトが勝ったレースを思い出した。
◎が負けている以上外し方に良いも悪いもないが、一番嫌な外し方である。
偶然にもどっちの◎も同じ騎手だった。

67
ついでに日曜両重賞のハズレ馬券。
日曜は勝負レースが2レースしかなく、両重賞とも◎の指数はそこそこ高かったし手を出してみたが、相性も良くないコースで非勝負レースに手を出して失敗する典型的な外し方という感じ。


今開催の開幕週は大雨も馬のコンディションへ影響したと思われるし、そもそも開幕週は騎手も馬場の傾向が掴めない影響だったりか、指数との相性が良い印象はないが、2週目も3日間開催というイレギュラー開催で、3週目で漸くまともな開催だったと思える。

相性の良くない中山・阪神開催ではあるが、最終週で先週未遂に終わったような馬券が嵌ってくる期待はある。
スプリンターズSは多分ダメでしょう。

このページのトップヘ