2015年05月

Amazon Kindle
お買い求めやすい価格となっていますので環境がある方は是非宜しくお願い致します。環境がない方もご検討頂けましたら幸いです。

内容を読んで頂ければ基本的には私と同じ予想が出来ることになっています。
当コンテンツでは基本的な買い方以外の補足なども予想する各レースでしていきますし、指数や選択メソッドの確認、答え合わせのようにもご利用頂けるかと思いますので、合わせて宜しくお願い致します。





derby15
さてダービーですが、相性が良いとは言えない結果となっています。
少なくとも5週連続東京GⅠでは最も相性が良くないかと思いますが、今年は上位人気が予想される馬が指数1位となりそうなので、指数の相性からすると不吉なデータと言えなくないかも知れません。

原因としては考えられるのはオークスとの比較で言えば、牝馬は2歳時から路線がある程度一本化されており成績もクラシックに直結することが多いのに対して、牡馬の場合は2歳時から路線が多様化していて成績はクラシックとは別物と言えることも少なくないので、距離適性やこの時期に急激に力を付けた馬が優位ということが考えられ、牝馬よりも直近での成績がより重要になってくるのかも知れません。

先々週から書いている通り5週連続東京GⅠ全てで今のところ関東馬が1番人気となっており今週もそうでしょう。
今のところ未勝利ですが、今週は関西馬と渡り合える数少ない関東屈指の厩舎だと思うので、近年最も関東馬が勝てないのがダービーではありますが、改めて注目したいと思います。

oks15
過去8年指数1位馬は3勝2着2回3着1回と馬券対象にならなかったのは12,13年の2回ですが、その2回は指数2位馬が優勝と基本的には指数上位馬が勝つレースと考えて良さそうです。
08年のように指数1位馬が勝ち2,3着が指数2位馬という指数順そのままで3連単44万ということもありましたし悪いイメージはないレースです。


ダービーから菊花賞よりも桜花賞からオークスのほうが延長距離が長いわけですが、距離というのはある程度能力でこなすものなのでブエナビスタやジェンティルドンナなら何ら問題なくどちらもこなすし、そうでない場合は1600mから2400mになることでどれだけ他馬と差が詰まるか或いは逆転があるかという考え方になるレースかと思います。

オークスで穴を開けるパターンとしては桜花賞惨敗組の巻き返しの印象が強く、昔はウメノファイバーやチューニーやスマイルトゥモローなど関東馬がホームの東京へ戻って巻き返すという印象が強かったですが、近年は同じパターンの関西馬の巻き返しのほうが目立つ印象です。
いずれにせよ今年の桜花賞はかなり特殊なレースになった印象もあるので桜花賞惨敗組が巻き返す余地は全然あっていいでしょう。

桜花賞断然人気だったルージュバックに再度注目ということにもなるかと思います。
惨敗組の中で最も配当妙味がなさそうな馬の巻き返しにわざわざ期待する必要があるのかとも思いますが、オークスからの逆算ということもあり奇をてらったようなローテーションにしたのかとも思いますし、左回りで距離が伸びて桜花賞に比べれば配当妙味はあるでしょうし見直す手もあるでしょう。

ただ桜花賞のときにも書いたかと思いますが、アドマイヤグルーヴやダンスインザムードのようにオークス向きかと思いきや桜花賞のほうが良い結果だったという例もありますし、私の理論的にも強い馬は普通であれば普通に結果が出るものだと思っているので、アドマイヤグルーヴもそうでしたがクラシックの本命と目されている馬が輸送や回りや距離を気にして普通ではないローテーションにするということには結果に関わらず違和感はあります。

関西馬の場合はオークスが初物尽くしということも多いわけですし、大きく構えていてほしかったと思いましたが、奇策が実るのか注目したいと思います。

vm15
2年連続的中ということもあり春のGⅠでは近年最も相性の良さを感じるレースです。
過去2年のキーホースとも言えたヴィルシーナ、ホエールキャプチャは引退しましたが、今年も指数的には春のGⅠでは最も買い易いレースではないかと思います。

指数1位馬は過去8年で4勝2着2回と07,08年以降は毎年連対しており、順位1位馬も過去8年で3勝2着3回と、いずれも馬券対象にならなかったのは07年だけとなっています。
同条件の安田記念にも同様の傾向があった気がしますが、指数1位馬・順位1位馬の3着がないのが特徴的と言え、馬連・馬単を買うのも良いと思います。


さて先週から5週連続東京GⅠがはじまっています。
結果的に先週のNHKマイルCもそうでしたが、5週連続東京GⅠ全てで関東馬が1番人気になるという未だかつてないことに今年はなるのかも知れません。

ここ10年20年では関東馬がGⅠで1番人気になるということ自体多くないですが、そうなる場合指数的にはメンバーレベルが低い場合が多いですし、結果もあまりいい印象はなく、安田記念以外の4レースは過去10年20年と関東馬は関西馬にダブルスコアで負けているわけですが、今年の関東馬の好調振りは美浦の坂路が変わったからだというような話もあるようで、今までと違うということであればもしかすると今年が逆転していく節目になるのかも知れないので注目したいと思います。

nhk15
割りと相性が良い印象があるレースですが、12年が○◎▲の順で的中した印象が強いからなのかも知れません。
この時期の3歳戦だけあって指数だけではなく、順位上位馬が強い印象もありますが、今年は2歳王者も昨年や12年のような連勝馬も不在と、07,09,13年に似たメンバー構成とも思えます。

それと来週のヴィクトリアマイルもですがとにかくSS系が強いレースという印象です。安田記念も近年はその傾向にありますし、この東京開催自体が例年そうだとも言えます。

5c
5a
先週のWIN5ですが上が実際の買い目、下が削る前の買い目です。
印的には○-△-○-▲-○の順での決着でいずれにせよWIN4だったのですが、WIN5対象レースに勝負レースもなく金額は出来る限り抑えたかったので自分には買えませんが、結果論としては通常のフォーメーションで5頭-4頭-3頭-5頭-4頭と1200点買うことができれば829万が当たっていたでしょう。

このページのトップヘ