年間回収率150% 100円玉で始めるフラット指数馬券術
今ならAmazon Kindle読み放題で読めます。

20161002a
20161002d
一応外国馬にも対応している私の理論
指数と印は以下のとおり

指数10 ◎ファウンド
指数8  ○ポストポンド
指数6  ▲マカヒキ
指数6  △オーダーオブセントジョージ
指数5  △ハイランドリール
指数5  △ハーザント

一応外国馬に対応しているとは言え日本馬のそれと比べ正確ではないし、日本の馬場で走る外国馬の指数と海外の競馬とではまた違うだろうと思っていたが、とりあえず今回に関しては杞憂だったようで指数上位馬同士の決着となった。

2,3着馬は日本オッズのほうが人気がなかったようだし、やはり日本独自オッズということでマカヒキ中心に売れていた影響もあったのだろうか、かなり美味しい配当になった。

ちなみにこれJRAの回収率に加算はされないようです。加算されれば現在の年間回収率は150%くらいになるのだが、まあ凱旋門賞を入れれば今年の年間100%超えはほぼ確定したということで。
20161002c

20160925c
20160925d
20160925b
先週日曜中山7R
久々に配当が高い順で決まってくれた。もし7,8番が逆だったら半額以下になっていた。運がよかったとも言えるが、ある程度配当面において運頼みという部分は否めないし、例年からするとトータルで運がいいとは言えない。

20150906a
昨年のほぼ同時期2015/9/6夏競馬終了時点の回収率になるが、的中率は今年のほうが4%も高いが、回収率は低い。

2013b1
2014
2013年2014年終了時点の的中率12%と比較しても、今年の的中率がいかに高いか、的中率は高いのに回収率が低い、配当面において運がないかがお分かりいただけると思う。

まあ何はともあれ今年も残り3ヶ月というところで回収率も振り出しほぼ原点に戻り、残り3ヶ月次第ということになった。今まで運がなかった分、運が向いてきてくれることに期待したい。

というのがこの1ヶ月異常に多い。
20160731b
7/31小倉11R1着7番△アンナミルト2着3番◎プレイズエターナル馬連3280円

20160807a
8/7新潟9R1着6番▲ロッカフェスタ2着13番◎フィビュラ馬連2750円

20160814a
8/14札幌8R1着3番○ミッキーグッドネス2着8番◎ユメノマイホーム馬連2050円

20160814c
8/14新潟9R1着5番△タマノブリュネット2着6番◎ルールソヴァール馬連1370円

20160827a
8/27札幌10R1着14番○ドゥーカ2着7番◎ユメノマイホーム馬連1320円

20160827b
8/27札幌12R1着7番○サクラエンパイア2着9番◎スリーアロー馬連1000円

4桁配当だけ挙げてみたが、3桁配当はまだまだある。全て1500円~3000円程度、馬連3,4点で買っていたらかなりの金額、回収率である。
つまり◎の2着が非常に多いのだが、人気サイドから買うと人気薄にヤられ、人気薄から買うと人気サイドにヤられている。

20160731a
7/31小倉10R1着13番◎タムロミラクル2着6番△サンタエヴィータ馬連4560円3連単40710円

20160820a
8/20札幌8R1着10番◎ベーリングメファ2着3番△エヴォリューション馬連1090円3連単23590円

3連単もちょいちょい当たってるが、当然これらも馬連でも当たっている。

馬連と3連単両方買うという手もあるが両方買って馬連だけ的中となると、馬連だけ買って的中した場合より回収率が悪くなるし、同様に両方買って両方当たった場合も多くは3連単だけの的中より回収率が悪くなるので、理想はどちらか、というか単勝馬単3連複なども含めベストの馬券種1種で的中するのが回収率的にはベストということになるが、今後も続くようなら来年1年は馬連で買うとか両方買うとか考える必要があるかもしれない。

しかし馬連、2着をカバーするだけの馬券である。◎が勝てば馬単でも3連単でもとなるし、3着なら外れる馬券である。とにかく異様に◎の2着が多いということが基本的には問題。

このページのトップヘ